名古屋で大腸内視鏡検査を受けて病気を早期発見しよう

大腸内視鏡検査の気になる点をチェック

信頼できるクリニックと医師を

クリニックと医師を探す

大腸内視鏡検査は色々な病気を早期発見できる大事な検査でもあるため、ちゃんとした病院で腕の良い医師にお願いすることが一番になります。医師の実績や対応力などを見極めましょう。

READ MORE
快適に潰瘍性大腸炎を受ける

進化した技術とシステム

大腸内視鏡検査を快適に受けるために、名古屋の病院で行われている検査は日々進化を遂げています。苦痛を感じさせない機器やシステムで検査を行なうことで、快適に受けることが出来るでしょう。

READ MORE
大腸内視鏡検査前の注意事項

検査前の注意点

大腸内視鏡検査では、前日に食事制限があることはほとんどの人が知っているでしょう。摂取してはいけない食事などをしっかりと把握して、検査当日に向けて注意事項を守ることが大切になります。

READ MORE

大腸内視鏡検査を把握しよう

大腸内視鏡検査を受ける理由

大腸内視鏡検査は、肛門から内視鏡を挿入して大腸から直腸、盲腸までをカメラを通してみながら、ポリープや大腸がんなどを診断する検査方法になります。現在の日本では、大腸がんが胃がんを追い抜いてしまい、がん発生率第2位という結果になっています。そのため、大腸内視鏡検査は大腸がんを高確率で発見することが出来る検査方法として、検査を受けることを強くおすすめされています。名古屋などでも多くの病院やクリニックにて大腸内視鏡検査を行なうことが出来るので、定期的に受けるようにしましょう。また、最近では医師や検査の技術が向上しているので、以前と比べても身近な検査になっていますよ。便通が悪い場合も大腸内視鏡検査を受けた方が良いのですが、場合によっては健康食品で改善することができることもあります。まずは健康食品に頼って便通改善を図ると良いでしょう。それでも治らないといった時は内科を受診して診察を受けることが大切です。

大腸内視鏡検査の凄さとは

大腸内視鏡検査が優れていると言われる点はポリープや炎症といったような病気の発見率になります。ポリープなら2~3ミリの物から発見することが可能で、健康に悪影響を及ぼす可能性があるものは100%に近い確率で処置を行なえます。しかも、保険が適用されるので、大体数千円から受診が可能になってるため、非常に魅力的な検査と言えるでしょう。ですが、医師の技術の影響が強い検査のため、残念ながらどこでも同じ結果を得ることは難しいです。大腸内視鏡検査の熟練には約5年ほどかかってしまうと言われており、実績数がそのままの腕前に繋がっているでしょう。大腸内視鏡検査を快適に受けるためには、医師の技術力が決め手です。そのため、名古屋の病院で検査を受ける際はしっかりと下調べを行ないましょう。

大腸内視鏡検査を受けれるところ

大腸内視鏡検査は医療機関でないと受けることが出来ません。病院の入り口や待合室などに掲示されている診療科目を手掛かりにすると分かりやすいです。基本的には内科の一部分である「消化器内科」「内視鏡内科」「胃腸内科」と「人間ドッグ」がある医療機関で、大腸内視鏡検査を受けることが出来ますよ。名古屋では大腸内視鏡検査は予約制です。実際の検査を行なう前に医師による問診や事前に説明をする必要があるので、施設ごとに相談を行なうことをおすすめします。また、企業に勤めている場合は定期健康診断などを利用して検査をすることが出来ます。自分自身の生活や環境を考慮して、職場などのサービスを上手く活用していくと便利でしょう。

進化している大腸内視鏡検査

名古屋の病院で行なわれている従来の大腸内視鏡検査と言えば、肛門からカメラについたルートを挿入して検査を行なうのが一般的な流れでした。ですが、最近ではこのルートに硬度可変型と呼ばれるものが出来て、疼痛が辛い人には麻酔を行なったり、ルートの硬度を変更することも可能になっています。また、その検査方法は日々進化しているため「辛い、痛い、苦しい」などのイメージは払拭されるでしょう。名古屋には、大腸カプセル内視鏡などを使った検査を実施している病院があります。口からカプセルを飲み込むため特に痛みを感じることがなく、肛門からの挿入もないので不安や恥ずかしさを大幅に軽減することが出来ますよ。費用は少々高いですが、大腸内視鏡検査が苦手な人にとってはおすすめです。

こんな症状が発生したら危険!検査を受けたほうが良い症状BEST5

no.1

便に血液が混じる

大腸がんの初期症状として血便があります。大腸がんの初期だと自覚症状がほぼないので、血便が発生したらすぐに医療機関に受診するか大腸内視鏡検査を受けることが早期発見の鍵になります。

no.2

便秘と下痢を繰り返す

便秘と下痢が繰り返して発生してしまうのは、明らかに異常が出ているサインです。ストレスも考えられますが、色々な病気が隠れている場合があるので、放置せずに検査を受けることが大事です。

no.3

腹痛や腹部膨満感

お腹が張って苦しい状態が続くことを腹部膨満感と言います。激しい腹痛と腹部膨満感に悩まされる場合は、何かしらの病気が潜んでいる可能性もあるので、検査をするようにしましょう。

no.4

便がすっきりと出ない

女性によく見られる症状の1つに、残便感があります。直腸ポリープや直腸がんの場合、腸内の固まりが便の通過を妨げている恐れがあるので、ちゃんと検査を行なった方がいいでしょう。

no.5

家族に大腸がんの人がいる40歳以上の人

家族の中に大腸がんを患っていた人がいる場合は、大腸がんを発症するリスクが高まるとのデータがあります。念のため、近くにそういった人がいる場合は予防のためにも定期的に検査を行ないましょう。特に、年齢を重ねるとリスクも高くなるので、40歳以降は必ず受けた方が安心です。

便秘改善・便通改善に効果アリ☆
人気の健康食品を厳選特集☆ 大腸内視鏡検査なら名古屋で申し込み
比較をきっちり行なえちゃう! 大腸がんのステージを気をつける
早めに医者に相談

初めてでも安心!大腸内視鏡検査を受ける流れを解説

検査前に病院に行こう

医療機関に来院して、検査の説明や検査前の注意事項、同意を実施します。また、検査を安全に行なうために全身の状態や感染症を調べる必要があります。具体的には、血液検査や心電図検査などを行なっていくでしょう。

検査の前日

大腸内視鏡検査の前日には、色々な決まり事があります。前もって医師から説明を受けるので、きちんと守るようにしましょう。検査前日では大体、午後9時以降は食事を摂取するのは禁止で、就寝前にコップ1杯の水と下剤を飲みます。

検査当日【検査前の準備】

検査当日になって病院に行くと、まずは大腸を綺麗にするために下剤を数回に分けて、合計で2リットルほど飲みます。何度か便を出して、透明の液体のような状態になるまで待ちます。そして、便を見て腸内を空にできたと判断されたら、検査着に着替えて待ちましょう。

検査当日【大腸内視鏡検査開始】

検査では検査台に横になってお腹を楽にして、鎮静剤を注射します。次に、医師が肛門から内視鏡を挿入するので力を抜きましょう。医師は、モニターに映る腸内を隅々まで観察して、検査は数十分ほどで終了します。

検査が終了したら

検査が無事に終了したら、横になって少し休みます。体調がすぐれない場合は、早急に医師に伝えましょう。特に問題がなかったら、身支度を整えて撮影した画面を見ながら、検査の結果を聞くことが出来ます。