苦痛の原因を知れば名古屋の病院で大腸内視鏡検査が楽に受けられる

快適に潰瘍性大腸炎を受ける

内視鏡がツラい理由

名古屋の多くの病院で行われている大腸内視鏡検査が苦しい理由として、送気によって人士的に空気がたくさん入って腸が張ってしまう、内視鏡を押しながら進めることで腸が引き伸ばされるために強い痛みが発生してしまうなどがあります。この苦痛はほぼ人為的なものでしょう。この苦痛を取り除くために、色々なシステムが開発されているので快適に検査を受ける為にチェックしてみましょう。

最先端の内視鏡システム

名古屋で行なえる大腸内視鏡検査では世界で圧倒的なシェアを誇っているメーカーのハイビジョンシステムを導入している病院があります。光の波長をコントロールすることで、これまでの大腸内視鏡検査ではほとんど発見が不可能とされていた微細な病変などを発見することが出来る画期的なシステムです。これを活用すると、さらなるがんの早期発見に貢献出来るでしょう。

無痛大腸内視鏡検査

無痛大腸内視鏡検査とは、挿入時は送気をほとんど行わない軸保持短縮法になります。先端に透明フードが付いているため、送気を実施しなくても視野を確保することが出来るのです。また、内視鏡を押し込んでいくことはないので、苦痛が最小限に抑えられるでしょう。名古屋では、この検査方法を行なっている医療機関があるのでチェックしてみるといいです。

二酸化炭素送気システム

一般的な空気送気による大腸内視鏡検査では、簡単に腸管内の空気が抜けきらずに検査終了後も腹部膨満感や不快感が持続することがあります。しかし、名古屋にある医療機関では観察の際に空気ではなく二酸化炭素を送気するシステムを取り入れているのです。この二酸化炭素は空気と比べて、生体吸収に優れています。そのため、拡張した腸管は速やかにしぼんで苦痛を軽減してくれるでしょう。