名古屋で大腸内視鏡検査を受ける前に注意事項を守ること

大腸内視鏡検査前の注意事項

食事で気を付けるところは

名古屋などの病院で行なわれている大腸内視鏡検査では、基本的に食事が制限されるのは前日というのがほとんどになります。便秘気味など人によっては便が溜まりがちになってしまうので、なるべく消化が良いものを摂取するように意識しましょう。また、前日以外はアルコールなども制限されないことがありますが、検査前なので飲み過ぎないように注意が必要です。いずれにせよ、その病院や医師によってやり方は違っていきます。そのため、当日快適に大腸内視鏡検査を受けられるようにしっかりと確認することが重要になっていきます。

絶飲食の制限を知る

夕食を摂取していい時間帯は、当日の検査時間などによって変化があります。基本的には夕方の5~7時といったような一般的な時間帯に摂取するのが普通であり、量はいつもより少なめに消化が良い食事を行なうことがポイントです。大腸内視鏡検査前日に食べていいものはうどんやそうめん、白身魚や卵豆腐、蒸しパンや水、お茶になります。一方で食べてはいけないものは玄米やラーメン、菓子パンやエビ、野菜と果物全般、乳製品、コーヒーなどになります。繊維の多い硬い食品や油が多い食品、乳製品は禁止となっているのでよく確認しましょう。

検査当日に守ること

大腸内視鏡検査の当日には、朝食は食べないことが基本になります。ですが、水やお茶などの水分は摂取するように意識しましょう。もし、お腹が空いて我慢が出来ないときは砂糖を舐めたり、透明なジュースを飲んでも問題ありません。また、高血圧の薬や心臓の薬、喘息や精神疾患の薬など持病で薬を毎朝服用している人は、大体朝7時までにコップ1~2杯の水で服用するようにしましょう。